……その日私は。

見てしまったんです。
あの課長のあり得ない姿を。

 


うちの課長は社内でも有名なドSだ。

ちなみにあだ名は「ドS王子」。

……そのまんま、といえばそのまんま。

天パの髪にちょっと下がった目。
実際よりも若く見えるその顔は、
確かに見た目は優しげな王子っぽい。

……あくまで黙っていれば、だ。


「田中!」

「は、はいっ!」
 
私の真ん前の田中くんが、
課長の声に弾かれたように立ち上がる。
そのままあたふたとデスクの前に行くと、
冷たい声があたりに響いた。

「……なあ、田中。おまえって天才だな」
 
……きたよ、きたきた。