夜明けの覚醒と眠りの狭間で、コレットは額と頬になにかが触れているのを感じていた。

肌を掠めるように触れては離れていくそれは、少しくすぐったいけれどとても心地いいもの。

風に揺れた草花の柔らかい葉が肌にあたっているような、そんな優しい感触。

体を包む柔らかい毛布と少し堅く感じるクッションは温かく、いつまでも眠っていたくなる。

そのしっかりと安定感のあるクッションに顔をうずめると、髪をそっと引っ張られるような感覚がした。

それは横髪を梳いているように、耳の辺りを何度も往復している。


「ん……くすぐったい」


コレットは首をすくめながらも、クッションの中に潜るように体を寄せた。

だって、柔らかすぎない絶妙な堅さは、牧場のベッドのクッションと似ていてすごく落ち着くのだ。


「君は、まだ起きないのか?」


極至近距離から発せられた低い声が、コレットの鼓膜をくすぐる。


「や、ん……」


首筋がぞくぞくと震えてしまい、ますます肩をすくめる彼女の頭の上で、ちいさな声が漏らされた。


「これは天然か……」


頬を預けていたクッションが急に動き、コレットはぱちっと目を開けた。

すると紫色の瞳が間近に迫っていた。

長めの前髪からのぞくそれはまっすぐにコレットの目を見ており、なんだかちょっと怒っているように思える。

そういえば一緒に眠ったのだと思い出すが、起き抜けのびっくりな事態にうろたえてしまい、なんと言っていいか分からない。

が、とりあえず声を絞り出した。


「へ、へ、へ、陛下、おはようございますっ」

「うむ……おはよう」


この作品のキーワード
偽装結婚  ファンタジー  溺愛  身分差  国王陛下