最後までお読みくださり、本当にありがとうございます。

今回のお話は、牧場の娘が王妃になる話って面白いかな?と、ふと思い立って書き始めたものです。

庶民が王妃になるには、どうすればそうなれるのか。

設定を考えつつ話を膨らませていき、最終的にはこんなお話になりました。


久々に10万字超えのファンタジーで、途中の展開に「これでいいかな?」と迷うこともありましたが、なんとか書き終えることができました。

これも、少しずつ増えていく読者様と感想を下さった読者様に励まされたおかげです。

本当に、感謝しています!


さて、このお話。

狼のように恐ろしい陛下、腹黒い騎士のアーシュレイ、悪役のミネルヴァ、と個性豊か(?)な男性キャラが出てきます。

この中でも一番書きやすかったのが、悪役ぶりを隠すことのないミネルヴァでした。

彼だけは表情豊かなので、最終的には、私にとって憎めないキャラになっていました。

結構好きかもしれないです(笑)


少しでもお楽しみいただけていたら、作者としてとてもうれしく思います。


最後に、皆さまのご多幸を祈りまして、あとがきとさせていただきます。



<2017/3/19> 涼川 凛


番外を追加いたしました。

時期的に言えば、コレットを牧場に帰した夜から城に帰った夜までのお話です。


<2017/4/17>

この作品のキーワード
偽装結婚  ファンタジー  溺愛  身分差  国王陛下