愛情欠乏性透過症。

それが僕の、持病の名前。

文字通り愛情を感じられなくなると、透明になってしまう。

発症したのは小学生のとき。

……父が亡くなったときのことだ。

それ以降は母と、祖父母の愛情を受け、大きな問題なく育ってきたけれど……。

この作品のキーワード
純愛  大人  透明人間