宛名のないメッセージを打つようになったのは
いつからだろう。




ここは、死んだ人がチョコレートになる世界。

関係者はそのチョコレートを食べることで

その人がいつまでも自分の中で生き続けるのだというけれど。





僕はまだ、立ち直れないでいる。




2017.01.05

この作品のキーワード
完結  短編  死別  未練  恋愛  微シリアス  ファンタジー