この「B.C. square TOKYO」の52Fには、「何処かの財閥のイケメン次期総帥がいる」とか、「何処かの社長が購入した」とかいう噂があるそうだ。

 ……が。

 いやいやいや。
 待ってっ。

 52Fに住んでる社長は、この私、桜子(さくらこ)で。

 みんながイケメン社長だと思ってる、その佐丸(さまる)は、私の秘書なんですけどーっ。

「……ブザマだな、桜子」

 大学を卒業したら、就職したい、と親族会議で言った桜子に、曽祖父から与えられたのは、このビルのワンフロアと、幼なじみで、常に上から目線の執事見習い、佐丸だった。

 働きたかったら、自分で会社を作れと言うのだ。

 いやいやいや。
 社長と秘書だけでどうしろと?

 なんだか体よく追い払われた気がする、と思いながらも、桜子は本当に会社を起こそうとする。

 とりあえず、このビルに居る優秀な社員をヘッドハンティングしようと目論んだ桜子は、それぞれのフロアを見て回るが、不思議とこのビルには、桜子と因縁のあるイケメンが何人も居た。

「このビルで結婚相手を見つけろって話じゃないのか、お嬢様」

 仕事中は完璧な執事で、秘書だが、仕事外では、常に辛辣な佐丸に、もう諦めて、この中から誰か選んで嫁に行け、と言われた桜子だったが――。


 はみコ様、素敵なレビューありがとうございました(⌒∇⌒)/

この作品のキーワード
ラブコメ  御曹司  富豪  オフィスラブ  ほのぼの  秘書  大人の恋  逆ハー  社長  身分差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。