『関係なくちゃ、俺には教えられないのか?』



そう言って、近づいた彼の目が、焼きついて消えない。



あのまま信号が赤のままだったら、その唇は触れていたんだろうか。

けど、でも、なんで。



何度心に問いかけても、答えはわからないまま。