『あのピアノ、本当に大切じゃないんですか?』

『……あぁ』



頷いた彼は、とても悲しげな目をしていた。

その瞳ひとつで、発した言葉が嘘だなんてことくらい簡単にわかる。



見せまいと隠す、その心に触れたい。