わたしは女手一つで育てられた。実の父も、祖父母の顔も知らないまま。
高校三年の夏、母親が亡くなった。
そして、わたしは母親の実家に引き取られることになった。

そこでわたしは一生忘れられない恋をしました。

この作品のキーワード
初恋  幼なじみ  再会  高校生  いじめ  スタ文大賞2