「校則なんかにとらわれてやりたいことを逃すのは嫌なので」

学校帰りに寄った、好きなバンドのインストアイベント。

––––––不良っぽい、大人の女性が好みです

大好きなメンバーが、私のこと覚えてくれるはずなんて、ないのだから。

それなのに。

「君の音が、好きだな」

どうして。

「一緒に弾いてみたい、って思うんだ」


音高生が、恋をしたのは––––––––––


届くはずのない、キーボーディストでした



『すっぴんの魔法』