「おい萌葉、 いま柳居さん呼ぶから待てって」


倉庫から出たあたしの腕を三成くんが掴んで引き止める。





「いい。自分で帰る」

「はあ?アホか、遠すぎだろ。道も分かんねえくせに」

「……っ」

「何焦ってんだよ。急にどうしたんだ」




両肩を掴まれて、無理やり向かい合わせられた。



外はもう真っ暗。

倉庫の中の明かりがうっすらと漏れているだけ。




「別に、なんでもない……」

「なんでもないって感じじゃねえだろ。七瀬になんかされたのか?」




本多くんの名前が出て、ドキリとする。



外が暗いせいかもしれない。あまり自分の顔を見られなくて済むから。内側に秘めていた感情が、溢れ出てくるのを止められなかった。





「……本多くん、彼女いたんだね」


口にした途端、目の奥が熱くなった。

雫がこぼれないように、悟られないように、うつむいて。