ふたりきりの空間から出ると、昇降口に続く廊下は生徒たちの声で騒がしく、さっきの出来事は嘘だったように感じた。



傘をさして、並んで歩く。

家に着くまで他愛もない話をしたはずだけど、さっきのキスのせいで話はあまり頭に入ってこなくて、内容をほとんど覚えていない。




「明日は三成が送るから」



そう言って去っていく背中を
ただぼんやりと見つめていた。