【ガーネットの部屋】

「眠れませんか?ガーネット様。」

その夜、なかなか寝付けない私に様子を見に来てくれたメルが声をかけてくれた。

私はずっと考えていたんだ。
身分も後ろ盾もない、なんの力もない私がどうすればクー兄様の役に立てるか。
クー兄様はいつも気持ちだけでいいって言ってくれるけど、やっぱりそんなのは嫌だ。
今すぐは無理でも堂々と、対等にクー兄様の隣に居られる女性になりたい。

うん!と自分の心の中で決意して私はベッドからガバッと起き上がると正座をして、側に居てくれたメルを見つめた。


「メル、お願いがあるの!
私に、剣や弓を教えてちょうだい!」

これが、私が出した答え。
何もないのなら、自分の手でなんとかしてみせる。
クー兄様の傍にずっと居る為の力を、居場所を、私は自分で掴み取るんだ。

……。

翌日から私はメルの指導の元、戦の為の鍛錬に励んだ。

運命の歯車が、動き出す。