「やっぱり好きだなぁ」

唇から軽くこぼれ落ちた言葉は真実だけど真実じゃない。
本当は心が軋むくらい好きだから。




叶わない想いだから真実は告げない。でも近過ぎるから口を閉ざすことも出来ない‥‥

この恋、どうやって失くしたらいいですか?





後日談追加しました。

この作品のキーワード
御曹司  溺愛    身分違い      秘書