マスターのためにも、今すぐこの珈琲を運ばなければっ。

 ただ、珈琲をそこからそこに運ぶだけなのに、あまりは妙な使命感に目覚め、悲壮な覚悟で外に出た。

 大丈夫……。

 大丈夫だ、きっと。

 なんか一生懸命話してるから、こっちになんて、顔も向けないに違いない。

 仕事の邪魔をしないよう、あまりは、そっと書類の隙間に珈琲を二つ置く。

 だが、手前の男が、その整った顔を上げてきた。

 思わず、目が合う。

 ……ヤバイ。
 この顔、間違いないっ、と思ったのだが、男は、
「ありがとう」
とだけ言い、また視線を落として、話し始めた。

 よかったーっ。
 覚えてなかったみたいっ。

 神様、ありがとうっ、とふいに教会付属の幼稚園を卒園して以来、拝んだこともない神様を拝みたくなる。

 一緒に居た男が帰っても、門題の男の方はまだ書類を見直しながら、珈琲を飲んでいた。

この作品のキーワード
オフィスラブ  ラブコメ  ほのぼの  政略結婚  大人の恋  御曹司  崖っぷち  上司  逆ハー  ツンデレ