「もう、ほんと邪魔しないで。ほっといてよ」

「そんなこと言っても、見る目なさすぎだろ。
せめて、ここ連れてこれるくらいの奴じゃないと話になんねーよ」