------Side 失礼男

「今日、弁護士先生は?」

人事部のメンバーと外部のコンサルが合わさって、人事制度改革についてのプレゼンの場。今日一緒に来ると思ったやつの姿がなくって不思議に思う。

「色々とご意見いただいた後にリーガルチェッでOKいただいたんで、この場はお呼びしなかったんですよ」

そういう人事マネージャーの言葉にちょっとガッカリする。久々に面白そうなやつと仕事できそうだと思ってたのにって。


初対面では完全頭弱そうな女だなって思ったけど、予想外に仕事はデキそうなヤツで。

俺が敢えてめんどくさいこと言っても、ひるむ様子なんて微塵もなく、まっすぐ瞳を見て、専門用語なんて一切使わずに素人にもわかりやすい言葉で納得をさせた。

あの場は完全にあいつに支配されていて、そんなピリッとした空気感にワクワクした。