みどりの送別会は終わった。


彼女は結局かなり飲んで、ふらふらになっていた。


みどりの同期である石黒が、車で送っていく事となった。


石黒はお酒が飲めなく、いつも車で来ていた。


みどりの自宅まで、車で送るのが、お約束のようだった。


みどりとの付き合いは、今日で完全に終了だろう・・・


僕はそのように思いながら、皆と別れ、駅まで向かった。


「貝瀬さん、お疲れ様です。」


声をかけてきたのは、送別会に出席した、高藤由紀子だ。


彼女は、飲みなどの席では目立たないが、何故か気になる存在ではあった。


「みどりさん、だいぶ酔ってましたね・・・。」


「まあ、いつもの事だから、石黒に任せておけば大丈夫だろう。」


「高藤さん、自宅どこだっけ?」


「今、●●です。」


「えっ、ここからかなりあるね。」


「そうなんです・・・。」


高藤由紀子は、笑いながら言った。


その笑顔は、春という季節にふさわしいくらい、爽やかだった。


「貝瀬さんは、どちらでしたっけ・・・?」


「あっ、俺は▲▲だよ。」


「じゃあ、近いですね・・」


「いいなー。」


僕達は、他愛ない会話をしながら、駅まで歩いた。

この作品のキーワード
恋愛  大人の恋  不倫  歳の差恋愛  男の気持ち