図書室の窓からは遠くに鯉のぼりが泳いでいるのが見えた。



ここからは小さく見える鯉のぼりも、近くで見たらきっとかなりの大きさだろう。



子供の頃を思い出し心が和む。



さわやかに晴れ渡った空の五月晴れのあの日から



俺の中で彼女の存在は日に日に大きくなり、気付くといつも視線の中心に彼女が映るようになっていった。



それが恋だと気づくまで、それほど時間は必要なかった。