高校生になって3度目の桜の季節が過ぎた。


高校最後の年は、去年はジャンケンに負けて出来なかった図書委員になれた。


しかも、相手の男子は一ノ瀬君に決まった。


1年の時は、毎週の様に本を借りに来ていたくらいだから私と同じで本が好きなんだろうな…。


それにまた、図書室で一ノ瀬君と同じ時間を過ごす事ができるんだ。


今度は同じ図書委員として。


それに、2年の時は一度も近くの席になった事がなくてほぼ接点のなかった一ノ瀬君とは、3年になってすぐの席替えで隣同士になった。


何気ない朝の “ おはよう ” の挨拶が特別なものに変わった。


学校に来るのが、もっと楽しくなった。


彼の字が、少しだけ右肩上がりなのも初めて知った。


英語が好きで、科学が少しだけ苦手なことも。


彼の隣で日々、新しい彼を見つける事が私の日課になっていた。