彼、一ノ瀬 礼央(れお)に初めて出会ったのは高校の入学式。


新入生代表で挨拶をした一ノ瀬君を初めて見たあの瞬間、私は彼の全てに目を奪われた。


きっとそうなったのは私だけではなかったはず。


それくらい一ノ瀬君は周りの男子とは違う空気を纏っていた。


清潔感ある黒髮の少し長めの前髪に、知的で意思の強そうな二重の瞳。


男の人なのに無駄に綺麗な肌にスッと通った鼻筋と、少し薄めの唇がなんとも言えない色気まで感じさせた。


父親の転勤で高校から東京に出てきたばかりの私には、一ノ瀬君の全てが都会的で輝いて見えた。


憧れーーーそれが恋に変わるまでそれほど時間は必要なかった。