「本日の業務内容は以上のようになっております。」

「ありがとう。松野君。」

「いえ、では失礼致します。」


頭を下げ、常務の部屋を出た私を待ち受けていたのは同じ秘書課の同期でもある田辺 陽奈(ひな)。


「ちょっと杏奈、こっち来て。」


彼女は一応小声でそう言うと私の腕を掴み、連れてこられたのは秘書課の隅にある給湯室だった。


「陽奈、どうしたの?こんな所に連れ込んで…。」

「ごめんって。それより今日から来る新しい専務、杏奈はもう見た?」


小声でも、陽奈の様子から興奮しているのは分かる。


「…まだだけど、って言うか、私の上司になる人なのにまだ名前さえも知らされてないんだけど。」

「あー確かにね。でも、さっき上の会長室にすっごいイケメンが入っていったらしくて、先輩たちが騒いでだんだけど…もしかしたらその人が新しい専務じゃないかって…。」

「へーそうなの?ま、取り敢えずパワハラとかセクハラとかさえなえればどんな人でもいいけどね。」

この作品のキーワード
大人の恋  婚約者  シンデレラ  王子  御曹司  秘書  片思い  再会  男目線