「好きだよ」


何人の子が
コイツに泣かされたのだろうか。



「可愛いね」

女たらしで


「イケメンだからな」

ナルシストで


「あいつ、もう飽きた」

付き合った子をすぐ振って

すぐ別の子に乗り換える最低なヤツ。






毎日のLINEに迷惑してた。














でも、だんだんあなたからの連絡を待つのが楽しみになっていた。










好きになんかならないはずだった。








※このお話は実話を元に書いています。

この作品のキーワード
実話  ナルシ  女たらし  胸キュン  イケメン  LINE