貴方と初めて出会ったあの日


私は運命を感じていた


良くも悪くも、本当に運命だったと思う


ただ、私は、貴方の誠意が見たかっただけ


今も現実から逃げ、周りの人を騙している貴方は、何を思っているのだろうか


貴方が、迷惑をかけた人達ときちんと向き合える日が来ることを、私は今日も願っています

この作品のキーワード
犯罪  うつ  ノンフィクシ