★★★★★
シリアスかと思えば…
敵国の王の元へ嫁ぐ。
そのフレーズだけ聞くと、重苦しい陰謀渦巻くシリアスなラブストーリーかと思う。
だけど、この作品はそんなシリアスさなど全く…とは言えないものの明るいお話。それは、主人公の明るい性格があるからだと思う。
もちろん、敵国の王を討てという母親の言葉から、素直にそれを実行しようとするものの、それがなぜかシリアス展開にいかず、間抜けなことに。復讐もの…のはずが、なぜか笑いながら読めてしまう、この作品。
最後の最後まで楽しく読ませていただきました。
聖凪砂
18/01/19 04:45

>>新着レビュー一覧へ