誰にでも優しくて、女性にだって困らない
なのに、どうして私にいちいちかまうのか

いつも冗談交じりに甘い言葉を囁いて
次の瞬間には平気な顔で、仕事の話を振ってくる

でも、大丈夫
私は間違えたりしない、勘違いしたりしない
それを分かっているから、そばにいられる

彼が私を必要とする理由は面白いくらい単純だ


公開&完結 2017年3月14日
恋するビル小説コンテスト 参加作品

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・
よこちょ。さん レビューありがとうございます!
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

こちらは「社内限定恋愛―ヒーローと恋に落ちるまで―」
リンク作品であり、ネタバレを含んでおります

できれば、そちらを先に読んでいただけると嬉しいです
お話自体はどちらも単体で楽しんでいただけます

この作品のキーワード
社長  秘書  地味子  溺愛  じれじれ  あまあま  謎解き  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。