大学を卒業して、今年IGARASHIcorporationに入社した。

IGARASHIcorporationは総合商社で日本の大手。取引先は多岐に渡り。
輸入食品やら鋼材、木材、宝石など、なんでも扱いその商材を使った会社も傘下に沢山ある。
建築にスーパー、ジュエリーブランドにファッションブランドまで。
その、経営母体が私が就職したIGARASHIcorporationである。


そんな大手に入社して研修を受けてGWを過ぎた5月末に配属先が決まった。

私の配属先は総務部庶務課。
会社のいろいろな雑務を引き受ける部門だ。
電球の交換やプリンターのインクや用紙の発注補充や各部署の名刺作成などなどがお仕事です。


そこでそろそろ1週間まだまだ慣れなくてメモ帳片手に頑張っている。
泉麻里花(23)。

高校から一緒で就職先まで一緒になった親友金山梨乃ちゃんと一緒に庶務課に配属になった。

梨乃ちゃんはスラッと背の高い美人さんでテキパキとしていてどちらかと言うと抜けてる私をいつも助けてくれる。
同い歳の筈なのにお姉ちゃんみたい。

そんな私は小柄で天然パーマの茶髪だ。
クウォーターなので目の色が薄い水色で色白くらいしか無いので何とも切ない。

クウォーターなのに、背が低いなんて。
絶対伸びる要素はお兄ちゃんがぶんどって産まれちゃったから私はチビなんだ。

そう文句をつけた事があるけど兄からの返事は

『そりゃ不可抗力だし、女の子はちっさい方が可愛いぞ!』
だって。


そんな事言ってもなぁ。
モテた試しもないよ、お兄ちゃん

この作品のキーワード
御曹司  イケメン  天然娘  美人  溺愛  恋愛小説大賞