最近役員執務室のある階に1日に1度は彼女、麻里花がやって来る。

どうやら庶務課での郵便物の配布の担当になったらしい。
悠斗いわく、これでギラギラの肉食系女子から解放されるから一安心だとか。


悠斗は愛想が良いからな。
秘書室室長補佐なら他だと課長クラスだし、数年後には室長は内定してるようなもんだし。

玉の輿やらイケメン好きに狙われる訳である。
クウォーターだから長身に整った顔で爽やかなイケメンなのでアタックが半端ないのだが、彼には好きな子が居るのでサックリ遠慮なくアタックする人を振っている。


俺に突撃かますバカもたまに居るが概ね視線だけで撃退している。

IGARASHIcorporationの専務で社長の息子で御曹司。

そう言った肩書きと麻里花いわくモデルとか俳優やったら絶対人気出るのにと言う容姿は人目を引くが、普段の俺は無表情で、無愛想。
仕事に対しては男女で差をつけることなく容赦ない要求をする事で社内では有名なためそうそうバカも居ないが。


俺の想い人である麻里花もやっと社会人になった。

歳の差7歳の差があるのでずっとこの時を待っていた。
まぁ、麻里花本人は気づいていないがもう自覚が無いだけで麻里花は俺の彼女同然であるのだが。
周りから見れば付き合ってるも同然なのに、いかせんあの天然娘はハッキリわかりやすく言わないと伝わらないので。
今までハッキリしなかったのはちゃんと結婚までの最短の道のりの障害が無くなるのを待っていたから。

麻里花が社会人になった今もう障害はない。

健一さんとの約束で就職するまでは手を出さない決まりがあった。
どれだけデートしたり一緒に居ても手を出さなかった。


俺の理性もそろそろ限界だ。
普通の男よりかはかなり鋼の理性と言いたいくらい我慢したが。





この作品のキーワード
御曹司  イケメン  天然娘  美人  溺愛  恋愛小説大賞