市松君が率直に指摘してくれたことに、私は心の底から感謝していた。
真壁課長の恋愛仕掛けは、外堀から固め込む城塞のようだ。
中にいる私は、知らず知らずのうちに逃げ場を失い、じわじわと追い詰められていく。


私の方は抗っているつもりはあるから、逃げ惑ううちに流されていることに気付けない。
はたから見れば、完全に手玉に取られていると言うのに。


大事なこと、気付けてよかった。
そして、思い出せてよかった。


真壁課長が好きなのは『専務の娘』なのか。
それとも『私』か。
些細なことのようで、それは一番重要だったはずだ。


真壁課長の公開プロポーズの後、自分でも課長に確かめようと思っていたのに、気付けば課長に翻弄される一方で、肝心なところが頭から抜け落ちてしまっていた。


なんて情けない。
でも、引き返せないわけじゃない。


私は自分にそう言い聞かせて、次の約束を真壁課長に取りつけた。


もちろん、課長のようにオフィスで堂々と誘えるわけがなく、電話やメールに頼る以外、手段はなかった。
真壁課長が初めて『デート』を話題にした時、課長自身が『いきなりじゃ驚かせるだろうから』と言って敬遠した手段。
それを私の方が先に使うというのも、ちょっと悔しかったのだけど。

この作品のキーワード
上司  プロポーズ  溺愛  結婚  オフィスラブ  クール  年の差