わたしが好きになった人は
とんでもないプレイボーイくんでした



「…僕は絶対本気にならないから。」




✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


日向月夜 -Hyuga Tsukiya-

×

瀬崎雫 -Sezaki Shizuku-


✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚





「日向くん好きっ…。」


「うん、知ってるよ。」


「日向くんは…?」


「…好き。」



嘘ばっかり…日向くんの好きは
相づちみたいなものだから


本気にしちゃいけない…




なのに





「僕のことが好きなら離れちゃダメ。」



「あー…理性飛びそう。」



「…抱かせてよ雫。」




離れたいのに離れられない…
どんどん日向くんに溺れていく



だけど




「ねぇ…キスし━━」



「……ダーメ。キスは本気の子にしかしないから。」




日向くんはいつもわからない






感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。