ぜんぶ、ぜんぶわかってたよ。


この作品のキーワード
切ない  片想い