はじめに。


我が家の食事にはルールを設けています。



1.好き嫌いせず出されたものは何でも食べる。

2.いただきますとごちそうさまは必ず言う。

3.食後は自分の使った食器は各自シンクまで持っていく。



この3つは絶対です。


食育というものも考えて、メニューは副菜も含めなるべくバランス良くを心がけています。

好き嫌いがあると、義務教育などの集団生活に入った時、給食時に本人が困るプラス、大人になっても自分が避けてしまうため自分の作る料理にも偏りが出てしまう。

その結果、自分の嫌いなものは食卓には出さなくなる。イコール自分の子供もそれを食べることなく育ってしまいます。


まずは、親が何でも食べましょう。
それを見て、子供も食べるようになります。

嫌いなものは、味付けなどをアレンジしたり、刻んで隠して出してみたり、少しずつでも摂り入れるようにしたら少しずつでも克服できるようになりますよ^ ^



食事時の挨拶や食後の後片付けは、毎日の中で習慣づけることで調理した手間や疲れも心なしか半減する気がします^ ^


気持ちのいい挨拶。
バランスの良い食事。
ごちそうさまの後片付け。


それが、我が家のモットーです。