【好き】

何回言おうとしても
出てこなかった言葉。
君の顔を見る度高くなる鼓動。
恋だって気づくのは、遅すぎた。

_________

好きな先生がいた。
でも、失恋した。
立ち直れない私をからかうかの様に
いつも隣にいてくれたのは、貴方だった。
貴方は沢山好きと言ってくれたのに、
私はなんて馬鹿なんだろう。

伝えたかった言葉。
君に出来た隠し事。
それを全部さらけ出すことは、
今の私にはできないけど。
でも、これだけは言える。

ーずっと一緒にいて欲しいー

______________


先生(24)
×
中学生(14)
×
先輩(17)

______________

「私は、どうすればいいの…」

「俺の事だけ見れるように
なる病気とか無いのかな。」

「ごめん、気持ちは嬉しいけど…」


やっと付き合った2人。
でも、それを知るのは本人達だけ。
2人で作ったカクシゴト。
お互いの暗黙の了解。

「お願い、お兄ちゃんには言わないで…」

この作品のキーワード
先生  先輩  恋愛    親友  中高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。