カーテンの隙間から入ってくる初夏の太陽のまばゆさで、目を覚ます。

「頭痛ぇ…」

瞼を開けようとした瞬間に、頭全体をガンガンと割れるような痛みが襲ってくる。


昨日は長く勤めていた大学病院の退職日だったということもあって、同僚や後輩たちが送別会を開いてくれた。

「最後だから無礼講」

医局の同僚や後輩に「最後」という言葉を掲げられ、飲まされて、潰された。

あいつら、俺がアルコール弱いって知っているくせに。
しかも、来月学会に参加するのだから、これからもちょくちょく会うことだって分かっているくせに。


結局、3次会のバーまで付き合って、それからタクシーに乗り込んだところまでは記憶がある。