和宮桃子は
とある流通会社で事務をしている。


サマータイムが始まり、
30分早く出社した桃子は、

いつも自分の隣に停めてある
自転車の持ち主と遭遇する。

それは密かにあこがれていた、
営業部の二階堂淳司のものだった。


急接近するふたり。

けれど、その思いは
微妙にすれ違っていて……。

甘くてキュートなオフィスラブ!



※2011年に「ムーンライトノベルズ」で連載したものの改稿版です。
(他サイトでは、検索除外中にしてあります)

※『プラス1℃の恋人』の姉妹作品です。
(B.C.squareへの舞台変更はしていませんが、
 総合商社→地ビールの流通会社へ設定を変えています)

この作品のキーワード
オフィスラブ  溺愛  残念イケメン  すれ違い  じれじれ  甘々  クールビズ  策略  友情 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。