あっぶねー。
俺、何した?
何言った?

あんな引き留めるような真似…。

ったく。
訳わかんないけど、神楽弥をこのまま行かせたくなかった。
そしたら、勝手に体が動いてた。

神楽弥が、変なことを言うからだ。

自分の心配もしろだの、いてくれないと落ち着かないだの。
言われたことねーよ。
そんなこと。

この作品のキーワード
王子  異世界  しっとり  胸キュン  トリップ  ファンタジー  イケメン  曖昧