【2017.12.14マカロン文庫より『冷血部長のとろ甘な愛情』として電子書籍化予定。こちらは改稿前のものとなります】


「黙れ。その口、塞ぐぞ」と言われ、いきなりキスされる。

キスで塞ぐとか意味不明!

なんのためにキスしたのよ?

「あなたみたいな人、嫌いです」

「俺も君みたいの嫌い」

だったら、なんで何度もキスするの?


商品部企画課主任・神原夏鈴(30才)
×
商品部部長・平沢晴生(33才)

***

*2017.6.19*完結*

☆聖凪砂さま、素敵なレビューありがとうございます!

好評発売中

あらすじを見る
真面目でしっかり者のOL・夏鈴の部署に、冷酷で女嫌いと噂の平沢が部長として異動してくる。夏鈴は仕事のできる彼を尊敬するものの、意見が合わずぶつかってばかり。そんなある日、いつものように言い合いをしていると、彼からふいにキスをされて…!?それ以来、平沢はふたりきりになると、「お前がほしくてたまらない」と情熱的に迫ってきたり、強引だけど甘さたっぷりに溺愛してくる。彼の愛情表現に最初はタジタジだった夏鈴も、次第に彼への気持ちが膨らんでいき…。
この作品のキーワード
オフィスラブ  キス  強引  運命  上司  再会