時は大正時代

日本はロシアとの戦争で勝ち、戦勝に沸いていた。

それと同時に日本は軍事に力を入れるべく、大金で更なる兵器を作ろうとしていた。

そして、そのしわ寄せは国民へとくる。

活気のある帝都、そして活気の無い地方の田舎。

日本の闇がここに垣間見える。

そこへ立ち上がるは一人の少女であった。

この作品のキーワード
大正時代  美少女  帝都の闇  ロシア  冒険  バトル  勝負