彼の目はまるで獣の様だ。初めて見た時そう、思った。
高校一年、学校では本当の心を隠している私。そんな私は夜になると暗闇の中、歩き出す。親にも内緒で誰にも見つからないように。それは私の心が外に出る時間、本当の私が現れる時。
始まりは綺麗な星空より目を引く血だらけの彼だった。
その日をきっかけに私と彼は変わり始める。

この作品のキーワード
成長  恋愛  崩壊