セミがうるさいくらい鳴いてるあの夏に、

__私は君に恋をした。


「名前、なんていうの?」

「甘利 菜緒。...かんり、なんて珍しいでしょ。」

「そうだね、聞いたことない。」

「君は?」

「真島 吉良。きらって名前、珍しいでしょ。」

「...!...そうだね。」

「俺たち、お揃いだな。」


*  *  *


「...俺、あきらめないです。」


「好きです、甘利さん。」



ーー「ごめんなさい。」


私には、ずっと好きな人がいます。

___________________


「はぁ...なんで気づかないかな。」

ーー社内で人気の王子さま(?)

企画部 真島 吉良(ましま きら) 25歳

×

「どうしよう...!?」

ーーちょっと天然の美人(?)

総務部 甘利 菜緒(かんり なお) 23歳

×

「真島さんには、負けませんよ?」

ーーしっぽが見えそうな犬系男子(?)

総務部 桐谷 翔(きりたに かける)22歳




____________________



「あなたは...誰なの?」


「...久しぶり、菜緒。」



ーーあのメールを見たとき、


止まっていた私の時間が、動き出した。






オフィスラブ × 青春ストーリー





この作品のキーワード
オフィスラブ  青春  胸キュン  初恋  感動  犬系男子    犬系  イケメン  社会人