「唐突だが、君は今の状況を理解できているかい??」


『い、今の状況。……正直さっぱりです』


素直に答えると、大柄な男の人はコクリと頷いた。


「トシやはり彼女は、迷い人だろうか」


大柄な男の人は隣に座る、トシと呼んだ男の人に視線を向けた。


「怪道の門番たちが連れてきたしな。迷い人で違いねーだろうな」


二人で会話している中、一花はモンモンと考えていた。


迷い人??迷子って事だろうか。


「おぉ、そういえば自己紹介がまだだったね。私の名は近藤 勇。この新撰組の局長をしている」


大柄な男の人の手を叩く音で現実に帰ってきた。


ん、待てよ……近藤勇。近藤勇!?!?新撰組の!?!?


歴史には疎い方だが、さすがにその名前くらい分かる。一花は目を丸くして大柄な男、近藤を見つめた。


この作品のキーワード
新撰組  異世界  江戸風    妖怪    グダグダ  あやふや