話し合いが終り、部屋へ帰ることになった。


「僕が連れて行ってあげるよ」


まさかの沖田の申し出に、一花は目を見張った。一番しそうに無いキャラじゃないだろうか。


「あ、君。今、失礼な事考えてない??斬っちゃうよ??」


ニッコリとした笑顔に爽やかさは無いブラックだ。ガクブルと震えながら、首が飛びそうなほど左右に振った。


この人ならやりかねない。


笑顔から、いち早くそのことを一花は察知した。


「総司。あまり、朝日奈をいじめるな」


「なに、一君も一緒にお話したいの??」


「そんな事は言ってない」


そのまま、沖田と斎藤は言い合いを始めた。止めようか止めまいかと考えていると、鬼のような形相で土方が怒鳴った。


「うるせぇーな。いいから、こいつを早く部屋へ連れて行け!!!!」


土方の声に斎藤はいち早く反応した。


「失礼しました副長」


ペコリと頭を下げ、本当に申し訳なさそうに眉をたらしている。


失礼だけど、飼い主に怒られた犬みたい。


先ほどの話し合いで、斎藤は余り表情が変化しなかったが、今は目に見えるほどシュンッとしていた。


この作品のキーワード
新撰組  異世界  江戸風    妖怪    グダグダ  あやふや