ハァ…ハァ………ハァ……ハァ……。


なに??煩い……。


近くで聞こえる不規則な息遣いが、妙に耳につき一花は嫌々に目を開いた。


暗闇で、正体が見えない。


寝起きでポヤーッとしていた視界が、段々とクリアになっていく。


それとともに、開けられた襖から月明かりで照らされた、安眠妨害の来客の姿を照らした。


一花は息をするのも忘れ、硬直した。


『……えッ』


青黒い肌、焦点の定まっていない目、明らかに人間ではないモノがそこにはいた。


ポタリと頬をいくつもの水滴が落ちる。水滴??そうではない、これは血だ。


瞳がグルリと周り、血と涎の零れる口元がニタァッと孤を描いた。


『あ、ぁ……いやぁぁぁぁぁぁッ!!!!』


喉が瞑れるぐらい、大きな叫び声を上げた。足と手で、目の前にいる得体の知れないモノを突き飛ばすと、部屋からバッと飛び出した。


廊下から庭へ飛び出し、助けを求め逃げ惑った。


この作品のキーワード
新撰組  異世界  江戸風    妖怪    グダグダ  あやふや