*第八章 守ってあげたい