一緒にいられるのは
今日が最後になるなんて、

これっぽっちも思わなかった。

いつでも、いつまでも
君は隣にいるのだと思っていた。

大切なものは、
きっと、目には見えない。

だから――





野いちご10周年記念の限定小説です

小説を読むためのパスワード取得方法は
野いちご10周年ページを御覧ください

【レビューありがとうございます】
八井光音さま

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
野いちご10