声が大きくて、明るくて、

イタズラが成功したときの笑顔が可愛くて

でもすごく律儀で



僕はいつの間にかそんなことを考えていた。



「私ねー、伝えたくなったの」


あ。瞬きした。


「…何を?」


あ。少し困った顔をした。


「それはさぁ、ほら、考えたらわかるじゃん?」


あ。今日は僕と、目を合わせてくれないのか。


「……ごめん。わからないや」


…あ。少し、傷ついた顔をした。



けど、それはすぐに戻って

『まだ30秒も考えてないじゃん!もう!』と

笑う彼女と一緒に笑った。


これが、好きなんだと確信した瞬間だった。



***********


野いちご10周年記念の小説です。

小説を読むためパスワード取得方法は

5月30日(火)に野いちご10周年ページにて発表予定です。

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
野いちご10  同級生  甘々  かっこいい  胸キュン