凛が、二週間の出張に出る少し前の話


母親にお見合い写真を渡された。



「久々に家に帰ってこいというのは、この事?」


「あったこともあるけど、とってもいいこなの、絶対に京ちゃんにあうお嫁さんだと思って」


「京ちゃんは止めてよ。
まぁ、とにかく結婚とかお見合いとかしないから」


「え~、じゃあ、好きなこと一人や二人連れてきてくれてもいいでしょ」



一人はまだしも、二人って――。



「ママは、可愛い孫が見たいです!
京ちゃんの子供なら絶対可愛いもん」


「年増がもんとか言うな」


「うわぁ、酷い」



いきなり、頭に手を置かれて、強く掴まれた。



「イテテテ」


「てめぇは誰の女に向かって、年増なんて言ってやがんだ。

この世にこれ以上のいい女はいねぇだろうが――」


「イテテテ、いてぇよ、悪かったて」


「なかなか良い子じゃねぇか。
わかれば良いんだ、わかれば――」



こんの、クソ親父、本気でやりやがった。



「じゃあ、帰るから――」


「えっ、本当にお見合いしないの」


「しないって言ってるだろ」



父は腕を組んだ。



「お前、付き合ってるやつでも居んのか」



思わず、ドキッした。



「やっぱりか」


「えっ、何、私にも会わせてよ。
どんな子、可愛い、綺麗、性格は、何してる人なの」



まだ、言えるはずが――。



「あぁ、とにかく、お見合いはしない。
俺は、帰る」



そういって、家を出た。




この作品のキーワード
BL  男主人公  同性  結婚  子供    短編  親子  過去