大好きだったキミ。

いつも隣にいてくれたキミ。

いつも私に幸せをくれたキミ。


ずっと隣にいると思ってたキミが急にいなくなるなんて思ってもなかった。

キミがいない世界は思ったより、ずっと、毎日が暗く見えた。


私にはキミが全てだった―。

この作品のキーワード
恋愛  好き  後悔