気付けばいつも

目で追ってた。





気付けばいつも

君のことを考えていた。




気付けばいつも

思い出すのは君の笑った顔で。





気づいたらいつの間にか


こんなにも君のことが


好きになってた。





俺が思いを伝えても


いいのだろうか ?




目次