夕食を食べて病院に戻った。

香澄も病室に戻っていた。

「おめでとう、香澄ちゃん」

「おめでとう。お疲れ様」

「お義父さん、お義母さん、ありがとうございます」

両親が言葉をかけると『明日は休んでいいからな。卓』と言い残し帰って行った。

「今日は遅いし帰るが、明日名前を教えるな」

「うん、ゆっくり休んでね」

「あぁ、おやすみ」

病室を出て、自分のマンションに。

岳斗がいないのが寂しく感じるな。

お風呂に入り、ベットに横になると疲れてるからかすぐに眠った。